信託Trust

家族のための民事信託

平成18年に改正信託法へ変わり、高齢者の財産管理や遺産の承継のような場合に家族や親族が受託者となる信託が可能となりました。この改正により信頼できる家族に財産を預け、財産管理が気軽で安心して行えるようになりました。

民事信託とは

家族信託とは、財産を持っている人財産の行方を信頼できる相手に自分の財産の管理や処分をする権限を託す、という財産管理の仕組みです。
平成18年の改正により「相続」や「後見」といった制度を取り仕切っていた民法の考え方ではなく、まったく新しい発想で作り替えられた民事信託(家族信託)によって本人の想いや願いを自由な発想で実現できるように組み込むことができるようになりました。

信託の仕組み

「財産を持っている人(委託者)が、財産管理を行う人(受託者=信頼できる家族)に財産を託し、受託者はその財産を委託者との契約で定めた一定の目的に従って管理処分をし、その財産を運用することで得られる利益を受け取る人(受益者)に渡す」という仕組みです。
(トラブル防止のため、財産管理が適正かを監督する信託監督人を立てたり、受益者の権利を擁護するために専門家を受益者代理人とすることもできます。)

民事信託のメリット

1.自分の生きている間から死亡した後まで、柔軟に財産管理が可能
2.遺言書よりも受託者・受益者を幅広く指定できる
3.成年後見制度を補うことが可能
4.不動産共有問題への対策・共有相続への予防